バスドライバーとその特徴

路線バスのドライバーは正規雇用が多く安定した収入を得やすい

バスドライバーの種類には色々なものがありますが、日々地域内の決まったルートを運転する路線バスのドライバーの求人は正社員を中心とした正規雇用のものが多く見られます。また、自治体のバス運転手として働く場合には、定年まで地方公務員として安定した収入を得られるのはもちろん、勤続年数や勤務成績によっては定年後も同じ職場に再雇用されることもあります。路線バスのドライバーの確保に積極的な民間のバス会社の中には、若年の採用者を対象に運転免許の取得費用を援助したり、研修中の手当を高く設定したりするところもあります。そのため、路線バスのドライバーに関心がある場合は、長く働ける条件が揃っている就職先を見つけることが重要です。

高速バスのドライバーは運転技術が高く経験が長い人に向いている

民間のバス会社やツアー会社などでは、高速バスの運転を担当するドライバーの採用が活発に行われています。一般的に、高速バスの運転は夜間や早朝がメインとなるため、各社では時間帯を問わず安全に運転ができる人や、体調管理がしっかりとできる人が重宝される傾向があります。高速バスの運転手として長距離の運転を任される場合には、身体の負担を少なくするため、可能な限り十分な休憩や仮眠の時間を確保するよう心がけることが大切です。高速バスのドライバーの処遇改善に取り組んでいる会社の中には、目的地までの走行距離に応じて二人以上のドライバーを常務させたり、パーキングエリアでの休憩時間を長く設定したりするところも少なくありません。