トラックドライバーのメリットとデメリット

トラックドライバーのメリットとは

トラックドライバーの魅力は、スキルを伸ばすことにより、稼げる額をアップさせることができることです。小型・中型トラック、大型トラックでは求められる運転スキルが異なり、大きいトラックになるほど高収入が期待できます。大型免許だけでなく、フォークリフトやけん引免許などがあれば、仕事の幅が増え、物流業界に欠かせない人材へと成長していくことができます。トラックドライバーはスキルアップの計画が立てやすく、努力や頑張りが実を結びやすいのがメリットです。 他には、人間関係にほとんど悩まないのがトラックドライバーの魅力です。長距離トラックドライバーになれば、就業時間のほとんどを車内で過ごすことになります。トラックを運転しながら、素敵な景色を見たり、ご当地グルメを食べたりなど、ちょっとした旅行気分を味わうこともできるでしょう。ひとりの時間が好きな人にとって、トラックドライバーはまさにうってつけの仕事となります。

トラックドライバーのデメリットとは

トラックドライバーは人間関係に悩むことがあまりなく、精神的な負担は少ないです。しかし、長時間の運転に加え、重い荷物を上げ下げすることになるので、仕事を続けるためにはそれ相応の体力や忍耐力が必要になります。腰や足を悪くすると、仕事に大きな支障をきたすことになりますし、高齢になると体力も衰えるので、仕事が続けられなくなってしまうことも考えられます。ドライバー業は身体が資本なので、健康面には人一倍気をつかう必要があるでしょう。

他のデメリットは、事故のリスクが常につきまとうということです。長時間運転により疲労が蓄積されると、注意力や判断力が低下し、集中力を欠くことが多くなります。トラックドライバーは仕事柄、常に危険と隣り合わせであるということを肝に銘じておかなければなりません。

愛知の運転手の転職は、大型から小型まで様々なトラックを運転できる人や、夜間や早朝の不規則な勤務に対応できる人が好まれる傾向があります。