タクシードライバーのメリットとデメリット

タクシードライバーのメリットとは

タクシードライバーのメリットは面倒な人間関係がないということです。職場の人間関係に悩み、疲れて転職したいと考える人は多いものです。ただ、タクシードライバーは一人で業務を行うので、同僚や上司からの目や関係を気にする必要はありません。出勤時と退勤時以外基本的に顔を合わすこともないため、しがらみに疲弊したり、人間関係に悩んだりすることがほとんどないのです。面倒な人間関係が少ないだけでなく、年齢に関する制限もないため、長く働けるのがメリットです。

他には、未経験でもやる気とガッツさえあれば、誰でも高収入を目指せるという魅力があります。日本の賃金は、20~30代が安く、40~50代が優遇されているという特徴があります。しかし、タクシードライバーの給与はどの会社も歩合制を導入しているため、経験年数や年齢に関係なく、努力次第でいくらでも給与をアップさせることができるのです。

タクシードライバーのデメリットとは

タクシードライバーのデメリットは、健康管理が難しいということです。タクシードライバーの勤務形態において一般的なのが、隔日勤務と呼ばれるものです。これは、勤務時間が昼日勤と夜日勤の2つをくっつけて、一日に20時間近く働くというものになります。2日分を一気に働くため、睡眠が不規則になり、健康へ悪影響を与えることがあるでしょう。

また、タクシードライバーは一日中車を運転することになるため、一日の歩数は2000~2500歩程度となります。健康を維持するためには、1日7000歩から8000歩必要とされているので、意識をしないと歩数を稼げない生活をおくることになってしまうでしょう。配送業の場合は、一日に何十件もお宅を回るので、歩く機会がとても多いです。長時間運転席に座ることになるタクシードライバーは、運転不足に陥りやすいので注意が必要です。

愛知の運転手の募集は、地域に根差したタクシー会社や運送会社、バス会社といった多くの会社で活発に行われています。