バスドライバーのメリットとデメリット

バスドライバーのメリットとは

バスドライバーのメリットは、長期的に安定して働けるということです。バスは通勤や通学の足として、人々の暮らしに欠かせないものとなっています。バスドライバーの需要が下がる可能性は低いですし、定年が少し緩めに設定されているため、体力や運転技術に自信があれば歳を取っていても働ける可能性が高いでしょう。また、バスドライバーの仕事は社会貢献度もトップクラスなため、仕事に誇りややりがいを感じながら、充実したビジネスライフを送ることができます。

バスドライバーは人を輸送する仕事なので、トラックドライバーなどと違い、荷物の積み下ろしをする必要がありません。長距離ドライバーのように長い距離を運転することもなく、残業も発生しづらいので、身体的負担が少なく、体調管理もしやすいでしょう。

バスドライバーのデメリットとは

バスドライバーのデメリットは、人間関係でストレスを感じることがあるということです。お客さんと関わる仕事なので、最小限のコミュニケーションが求められることは言うまでもありません。接客態度がなってなかったり、時間通りに目的に着かなかったりすると、お客さんからクレームを言われてしまうこともあります。時間厳守であることや、人の命を預かっているという仕事柄、常にプレッシャーを感じながら運転をする必要があります。バスドライバーは、真面目さや責任感がないと務まらない仕事となっているのです。

また、バスドライバーになった際は日頃から安全運転を心がける必要があります。何故なら、違反や事故により免許停止処分を受けてしまうと仕事ができなくなってしまうからです。バスドライバーになったならば、自家用車を運転する時も大きな緊張感を持ち、マナーをしっかりと守っていくことが大切です。

愛知の運転手の求人は、トラックの乗務経験が長い人をターゲットとしたものが多く、勤務体系や雇用形態によっては入社後すぐに高収入を得ることも可能です。