タクシードライバーとその特徴

特定の乗客を目的地まで運ぶ仕事

運送業務の中で最も有名な仕事としては、目的地まで人を運ぶ、タクシードライバーが知られています。タクシーを利用する乗客を乗せて、お金をもらった上で、希望する場所まで送り届ける仕事となっていますが、勤務時間はタクシー会社によって異なります。月に12日程度ながら、1日19から21時間という長時間働く、隔日勤務に加え、月に22日程度、1日8時間働く日勤と夜勤といったものがあります。1日あたりの勤務時間が長い反面、安全面を考慮して確実に休日が取れる点が、大きな特徴です。

タクシーの営業形態としては、駅等の主要施設で待機して、顧客を確保する付け待ちや、無線を通じて利用者の所に駆けつける無線配車が該当します。また、担当エリアを走り回り、自ら利用者を見つける、流しと呼ばれる営業スタイルもあります。

タクシードライバーになるための必須条件

タクシードライバーの場合、緑ナンバーと呼ばれる自動車を運転するために、第二種運転免許が必須となります。なお、タクシードライバー向けの研修を受けないと仕事ができないため、事前に免許を取得していない場合でも、会社が費用を負担する形で取得ができます。タクシー会社での研修は、主に道路交通法に関する法令関係及び実際の業務に関する内容が該当しますが、教習車を使ったものも含まれる点が特徴です。料金メーターの操作方法や、車の清掃、点検といった、タクシードライバーに欠かせない項目を、研修の中で習得していきます。

加えて、東京都や大阪府等の主要都市では、タクシーセンター主催の地理試験にも合格する必要があります。主に、道路や駅といった、主要地域の地名と、タクシー業務に必要な法令が問われる試験ですが、8割以上の正答で合格となります。

愛知のドライバーの転職は、大型のトラック運転手やタクシー運転手を中心に活発に行われており、業界のキャリアが長い人は高待遇で働くことも可能です。