トラックドライバーとその特徴

トラックでもさまざまな種類がある

いまや流通業界では無くてはならない存在のトラックドライバー。求人票を見ても必ずと言っていいほどトラックドライバーの募集があります。トラックにはさまざまな種類があるので、いくつかご紹介します。まずは、土や砂を運搬するダンプトラック。建設現場や河川敷の護岸工事などで活躍しています。2t車、4t車、10t車など、そのトラックに合った運転免許が必要になります。 次にご紹介するのは、荷物などを運搬する長距離トラックです。長距離トラックは日本をまたにかけて活躍しています。中型のトラックも携わっていますが、そのほとんどが大型トラックです。最近では荷台の扉がウィング式のものもあり、荷物移動の効率化が図られています。その荷物は大概パレットの上に載せられていて、フォークリフトを使って搬入します。フォークリフトの免許も取得しておくと採用に有利でしょう。

トラックドライバーのメリット

トラックドライバーの長所として挙げられるのは、1人でいる時間が比較的に多いことです。人とのコミュニケーションが苦手な方にはうってつけの仕事です。特に長距離トラックドライバーは、1日や2日をかけて運転する場合がほとんどなので、気楽な気持ちで仕事に集中できます。ただ、時間調整の感覚が必要なので覚えておきましょう。また給料の面も高収入の期待大です。1度にたくさんの荷物を運ぶことによってコストの向上が良くなり、給料に反映されます。そして、長距離を運転できるトラックドライバーの人材は貴重です。そのため、昇給しやすい特徴もあります。日本の物流を担っていて、やりがいのあるトラックドライバー。安全運転で活躍しましょう。

車の運転が好きな方、長距離の車の移動が苦にならないという方は、愛知のドライバーの募集をぜひご覧ください。